Loading...

商品詳細

Dissent in Poland: Birth of a Social Movement


ポーランド反体制運動資料集:ポーランド〈連帯〉初期資料集 1980-1981年

◆1980年9月の「連帯」の創設から1981年12月の戒厳令の発動まで

 本資料集は、KARTAの膨大な資料の中から最後に収録されたコレクションです。2003年、ユネスコの「世界記憶遺産」に登録されました。本資料集は、1982年、他の地下組織とのつながりもなく、秘密裏に資料が集められ始めた頃に始まりました。活動家と歴史家のグループがArchiwum Solidarnosci(連帯のアーカイヴ)を作成したのは、Mazowsze地域の連帯ラジオ局が政府の襲撃を受け、反対派のためのキャンプに収容されたことがきっかけでした。オリジナルのアーカイヴは、反対派アーカイヴからの資料によって補完され、1980年9月の連帯の創設から1981年12月の戒厳令の発動までの16ヶ月間に最も密接に焦点を当てています。

 本資料集の収録文書では、1980年7月から8月にかけてのストライキ運動と、ルブリン、グダニスク、シュチェチン、ヤストルゼビ、ワルシャワの工場や造船所におけるストライキ委員会の結成から、「連帯」が誕生したことを物語っています。これらの文書を通して、個々のストライキ委員会から工場間ストライキ委員会、そして最終的には共産党から独立した自治的な全国労働組合としての連帯の創立大会に至るまで、連帯の歴史の段階をたどることができます。労働組合運動は、共産主義体制に反対する市民の大衆的な媒介となるに至り、バルト海の造船所の労働者は、カトリッククラブやKOR(Komitet obrony robotnikow:労働者擁護委員会)の知識人や学生たちとともに、連帯運動を支持する独自の大規模ストライキを行い、1980年10月にNZS(Niezależne zrzeszenie studentów:独立学生協会)を創設しました。「連帯」コレクションには、これらすべての同盟国に関する資料と、ポーランドのカトリック教会の活動やローマでのポーランド教皇(ヨハネ・パウロ2世)との交流に関する資料が含まれています。

 また、本資料集は、政党国家とその機関、特に裁判所、内務省、地方警察、ポーランド統一労働者党(ポーランドの与党共産党)の役割についても記録しています。ポーランドの反対運動の記録は、社会主義後期の東欧における最も重要な政治的危機を、研究者がよりよく理解することを可能にします。1981年12月、ヴォイチェフ・ヤルゼルスキ将軍のもとで戒厳令が敷かれ、連帯活動家は逮捕されるなど処罰されましたが、1989年の選挙で政権に就くまで軍事独裁に抵抗し続けました。ポーランドの野党は、ソ連の東欧支配の終焉、ひいてはソ連の完全崩壊に重要な役割を果たしたのです。この驚くべきワルシャワ・コレクションの文書は、民主化や野党運動の研究者、後期レーニン主義政党国家の政治を研究する人々にとって興味深いものとなることでしょう。

※本コレクションはマイクロフィルム版Dissent in Poland: Publications & Manuscripts from KARTA Center Foundation Archives in Warsaw, Poland - Part 2: Solidarity: Birth of a Social Movementをデジタル化したものです