Loading...

商品詳細

FBI File on Nelson Rockefeller


ネルソン・ロックフェラー関係FBI文書集

◆ロックフェラー財閥創始者の孫、NY州知事、フォード政権での副大統領を歴任

 ネルソン・オルドリッチ・ロックフェラーは、ロックフェラー財閥の創始者ジョン・D・ロックフェラーの息子ジョン・B・ロックフェラー・ジュニアの三男として生まれました。1940年、フランクリン・ローズヴェルト大統領から米州問題調整局長に任命され、政界に転身、1944年には中南米担当国務次官補に就任します。この間、中南米諸国と貿易協定を締結することで、枢軸国の影響力がこの地に及ぶことを阻止しました。

 一時公職を退いた後、1950年にトルーマン大統領により国際開発諮問委員会の委員長に任命され、共産主義の伝播を阻止すべく、途上国への開発支援を推進しました。アイゼンハワー政権下では大統領特別顧問として、国際的な航空監視システム「オープンスカイ」計画や原子力の平和利用を進める「アトムス・フォー・ピース」等、外交・安全保障計画の策定に尽力しました。

 1958年にニューヨーク州知事に転身。以後1973年まで4期にわたり州知事の地位にありました。この間、3度にわたり共和党の大統領候補に立候補するも、指名選挙で敗れます。ニューヨーク州知事を辞任した後、フォード大統領の下で副大統領を歴任しました。

 本コレクションはネルソン・ロックフェラーに関する連邦捜査局(FBI)の文書を提供するものです。政界に転身した後、連邦政府の要職を歴任したロックフェラーに対するFBIによる身元調査に関する文書等、様々な文書を収録します。

※本コレクションは以下のマイクロフィルムをデジタル化したものです

FBI File on Nelson Rockefeller