Loading...

商品詳細

American Urban Life and Health, 1883-1914


米国の都市生活と健康 1883-1914年

◆工業化と大量の移民流入による都市人口の急速な増加

 19世紀後半のアメリカは工業化が進み、大量の移民が流入し、都市人口が急速に増加するのに伴い、都市の貧困や衛生の問題が急速に浮上しました。政府による貧困政策が本格化する以前の時代にあって、これらの都市問題に介入したのは民間の慈善団体です。そのため世紀転換期の都市問題を考察するには、慈善団体の活動を記録した資料が不可欠です。 

 本コレクションは、ニューヨーク慈善組織協会(Charity Organization Society of New York)の年次報告書(Annual Report)を電子化して提供するものです。慈善組織協会(Charity Organization Society, COS)は各種救貧団体の調整機関として1869年にイギリスで創設され、その後各国に普及しました。アメリカでは1870年代に最初の団体が創設されました。世紀転換期アメリカの大都市下層民の生活実態、都市の貧困、衛生、犯罪を記録する報告書は都市史、社会史、社会福祉史、公衆衛生史における第一級の一次資料です。

※本コレクションは以下のマイクロフィルムをデジタル化したものです

American Urban Life and Health, 1883-1914