Loading...

商品詳細

The Shakespeare Collection


シェイクスピア関係資料集成

◆シェイクスピア作品、種本、翻案、上演台本、観劇日記

 本コレクションはシェイクスピアの戯曲集、題材としてシェイクスピア作品に影響を及ぼした同時代の種本、後世の翻案作品や上演台本、観劇日記をデジタル化し包括的に収録したものです。フォルジャー・シェイクスピア図書館をはじめ、シェイクスピア・センター・ライブラリー、ハーバード大学図書館ハーバード劇場コレクション、大英図書館などの所蔵資料を収録しております。本資料集を通して、諸本の比較研究は基より、各時代においてシェイクスピア作品がどのように解釈され、受容されていったかの歴史的変遷を辿ることができます。また、17世紀以降の上演台本や演劇愛好家による観劇日記が併せて収録されていることから、演じ手と受け手双方の視点を探ることを可能にしており、上演史を紐解く上で重要な手掛かりを提供しています。

■シェイクスピア作品・翻案

『戯曲全集』(「ファースト・フォリオ(1623)」)、クォート版、ニコラス・ロウ、サミュエル・ジョンソン、アレクサンダー・ポープらの手で編纂された作品集、ジョン・ドライデン、トマス・シェリダン、デヴィッド・ギャリックら後世の劇作家による翻案作品、総計約130巻

■シェイクスピア作品の種本、同時代の関連作品

ジェフリー・チョーサー『トロイラスとクリセイデ』(1517)、エドワード・ホール『名門ランカスター家とヨーク家の統一』(1548)、ジョン・ガワ-『恋する男の告解』(1554)、ジョン・リリー『キャンパスピ』(1584)、ロバート・グリーン『パンドスト:時の勝利』(1588)、フィリップ・シドニー『アストロフェルとステラ』(1591)、サミュエル・ダニエル『ソネット集ディーリア』(1592)他、約70点

■上演台本

17世紀のスモック・アリー、ジョセフ・シュベリー、18世紀のデヴィッド・ギャリック、19世紀のジョン・フィリップ・ケンブル、サラ・シドンズ、ジョージ・フレデリック・クック、エドマンドキーン、チャールズ・キーン、ウィリアム・マクリ-ディ、サミュエル・フェルプス、ウィリアム・エバンズ・バートン他、20世紀のフランク・R・ベンソン、ハーリー・グランヴィル=バーカー、ウィリアム・ブリッジズ=アダムズ、タイロン・ガスリー、ピーター・ブルック、ピーター・ホール、ジョン・バートン他、約240点

■500を超えるシェイクスピア作品に関するゴードン・クロス(1874-1953)の観劇日記

※本コレクションはPrimary Source Media刊行のマイクロフィルムFour Centuries of Shakespeare: The Prompt Booksから抜粋しデジタル化したものです。