Loading...

商品詳細

The International War on Drugs


麻薬戦争資料集

◆違法な麻薬取引に対する米国政府の対応を記録

 本コレクションは、世界的な違法な麻薬取引に対するロナルド・レーガンからバラク・オバマ政権までの米国政府の対応を記録しています。 政府機関と軍事機関がまとめた調査、報告、分析は、米国が何十年にもわたる麻薬に対するキャンペーンをどのように組織し、実施したかを示しています。 

 米国は参加国の協力の下、違法な向精神薬の生産、流通および消費の阻止を目的に国外で軍事支援および軍事介入を積極的に行いました。レーガン政権はボリビアへの軍事援助と引き換えにコカインの原料であるコカの葉の撲滅作戦を展開し、ジョージ・H・W・ブッシュ政権下では、1989年に麻薬取引に関わったノリエガ将軍をとらえる目的でパナマへ侵攻し、同年にコロンビアでも麻薬カルテルを壊滅させるため、政府への支援を行いました。しかし、こうした麻薬戦争の展開の一方で、米国での1990年代10年間のコカイン使用料は増加しており、麻薬戦争は全面的に失敗であるという意見も決して少なくありません。

 コレクション内の文書には、違法薬物取引を停止するための米軍の分析と推奨事項、国務省国際麻薬法執行局からの戦略報告や議会調査局からの報告などが収録されています。 取り上げるトピックには、テロリズムと麻薬密売、マネーロンダリングと金融犯罪、各国の報告と麻薬に対する行動、米国の政策イニシアチブとプログラム、米国の二国間および地域の対抗薬イニシアチブなどが含まれます。

※本コレクションはPrimary Source Media刊行のマイクロフィルムStudies in Global Crisis: The International War on Drugsをデジタル化したものです