Loading...

商品詳細

The Global War on Terrorism


対テロ戦争関係資料集

◆9.11以降の世界的なテロの目標と戦略を分析する調査研究を集成

 2001年9月11日の米国同時多発テロの直後、ブッシュ政権は「対テロ戦争」を発表しました。戦争の目的は米国を保護し、内外のテロ組織を解体し、アルカイダの傘下にある多数のグループで構成されるテロ組織の国際ネットワークの活動を混乱させることでした。しかし、批評家は、一方的な先制戦争、人権侵害、その他の国際法違反を正当化するために使用されていると主張しているため、「対テロ戦争」という用語と示すポリシーは継続的な論争の原因となっています。

 本コレクションは、世界的なテロの目標と戦略を分析する調査研究を集めています。これらの研究、報告、および分析は、政府機関および連邦政府と契約している民間組織によって実施されました。それらは、国際的および国内のテロリズムに対する世界的な戦争に関する最も厳密で権威のある研究を表しています。本コレクションの収録文書は、範囲と重点が多岐にわたっています。特定のテロ事件を分析し、暴力を超えた目標を探求し、テロの心理学を明らかにし、テロ運動、特にアルカイダの起源と発展を追跡し、国家が後援する独立したテロ活動を比較し、実行可能なテロ対策を探求します。収録される資料の価値は、即時的かつ歴史的なものです。それらは、テロリズムに対する世界的な戦争に関する最新の情報を提供する一方で、テロリズムが30年以上にわたって認識され対処されてきた方法を文書化しています。これらの独創的な研究は現在重要であり、将来に向けた価値もあります。

※本コレクションはPrimary Source Media刊行のマイクロフィルムStudies in Global Crisis: The Global War on Terrorismをデジタル化したものです