Loading...

商品詳細

The Global Financial and Economic Crisis


グローバル金融・経済危機資料集

◆連邦準備銀行、世界銀行、IMFなどの関連レポートを集成

 本コレクションでは、企業金融、合弁事業およびM&A、国別プロファイル、資本市場、投資家関係、通貨、銀行、リスク管理、直接投資、資金管理など、2000年代の世界的な経済および金融危機につながる全容を提供いたします。2007年の米国における住宅バブルの崩壊、すなわちサブプライム住宅ローン危機を契機に多分野における資産価格の暴落が連鎖的に発生し、Too Big to Fail(大きすぎて潰せない)と米国財務省による追加救済が進められましたが、遂には2008年9月15日に米国大手投資銀行リーマン・ブラザーズが経営破綻し、米国経済に対する不安の拡大から世界的な金融危機へと連鎖しました。日経平均株価も大暴落となり、2008年10月には一時6,000円台まで下落し、1982年10月以来、26年ぶりの安値を記録しました。

 金融、貿易、人的資本の流れの新たなパターンを含む、世界経済の複雑な変化に焦点を当てた重要なレポート、分析、およびワーキングペーパーとともに、世界経済の学際的で政策に焦点を当てた調査を学生に提供し、そしてグローバル経済の変化が国民経済に与える影響をはじめ、国家の能力、政策の自律性、および国家の経済状況に及ぼす影響。経済的、政治的、社会的成果の間の関係。コーポレートガバナンスと競争、利益団体、州、多国間協定および組織の相互作用などを考察する材料を収録します。

 本コレクションは、国際的な経済および金融問題の理解を深め、公的および民間部門で行われた決定の国際的な影響を調査し、政策立案者が行った選択を検討することを目的としています。

※本コレクションはPrimary Source Media刊行のマイクロフィルムStudies in Global Crisis: The Global Financial and Economic Crisisをデジタル化したものです