Loading...

商品詳細

Weapons of Mass Destruction and Nonproliferation


大量破壊兵器・不拡散関係資料集

◆21世紀のグローバル危機のひとつである大量破壊兵器に関する調査研究を集成

 大量破壊兵器(WMD)は、多数の人間を殺害し、人口構造物、自然構造物、そして一般的な生物圏に大きな損害を与える可能性のある武器です。この用語は、核兵器、生物兵器、化学兵器、放射能兵器など、いくつかの種類の兵器をカバーするために使用されます。このフレーズは主に冷戦中の核兵器に関連して使用されました。ソビエト連邦の崩壊、中東と西欧諸国の間の緊張の高まりに続いて、この用語は現代的でより包括的な定義に拡大されました。それは、米国が主体となり、英国およびオーストラリア、そして工兵部隊を派遣したポーランドなどの有志連合による2003年のイラク侵攻の理由として、イラク武装解除問題の大量破壊兵器保持における進展義務違反が挙げられ、関連して広く使われるようになりました。当時のジョージ・W・ブッシュ大統領により「大規模戦闘終結宣言」が出た後も米国が指摘した大量破壊兵器の発見に至らず、イラク国内の治安悪化が問題となって戦闘が続行したことは記憶に新しいところです。

 本コレクションは、大量破壊兵器の脅威に関する、兵器、制御への取り組み、および増殖を分析する調査研究を集成したものです。これらの研究、報告、および分析は、政府機関および連邦政府と契約する民間組織によって実施されました。それらは、拡散を止めて脅威を減らすための世界的な取り組みに関する最も厳密で権威ある研究を表しています。本コレクションの収録文書は範囲と重点が多岐にわたります。特定の兵器を分析し、拡散を成業する取り組みを探求し、大量破壊兵器テロの心理学を明らかにし、大量破壊兵器を削減するための国際的な取り組みの期限と発展を追跡し、実行可能な対策を探求します。収録される資料の価値は即時的かつ歴史的なものになります。30年以上にわたる認識と脅威を文書化しながら、21世紀の国際的なリスクのひとつである大量破壊兵器を管理するための取り組みに関する最新情報を提供いたします。

※本コレクションはPrimary Source Media刊行のマイクロフィルムStudies in Global Crisis: Weapons of Mass Destruction and Nonproliferation.をデジタル化したものです