Loading...

商品詳細

Dean Gooderham Acheson Papers


ディーン・アチソン文書: 冷戦の始まりと大戦後のアジア

◆トルーマン政権の国務長官アチソンの記録文書をデジタル化

 米国にとって中国革命の衝撃は大きくトルーマン政権の責任追及の声も上がりました。アチソンは8月「中国白書」を公にして蒋介石政権の腐敗を指摘し対中国政策を釈明しています。しかしこの時アメリカ社会に醸成された雰囲気が後のマッカーシズムへとつながっていきます(後にアチソンにもマッカーシーの非難の矛先が向けられました)。1950年1月アチソンは演説で台湾への不介入を念頭にアジア政策の見直し(NSC48)「太平洋防衛線」に言及しますが、後に朝鮮戦争を誘発したものという批判を受けます。1951年9月にはサンフランシスコ講和条約で日本の国際社会への復帰を援助し、対日講和交渉の立役者であったダレスが1953年アイゼンハワー政権誕生で国務長官となります。政界引退後のアチソンはケネディ、ジョンソン、ニクソン各大統領の非公式の助言者でもありました。本文書にはトルーマン以後ニクソンにいたる歴代大統領、国務長官をはじめとする国務省スタッフ、各国首班や国連大使、外交官などの書簡が収められ、ニクソンの対中外交政策、核問題などこの間の国際的な懸案問題が論じられています。本文書集が、戦後世界の動向、米国の対アジア政策を探る上での基本的な資料であることは言を待ちません。

※本コレクションはScholarly Resources刊行のマイクロフィルムDean Gooderham Acheson Papers: Yale University Manuscript and Archives Collection.をデジタル化したものです