Loading...

商品詳細

Black Nationalism and the Revolutionary Action Movement: The Papers of Muhammad Ahmad (Max Stanford).


黒人民族主義と革命行動運動ムハンマド・アフマド(マックス・スタンフォード)文書

◆革命行動運動(RAM)の創設メンバーの一人マックス・スタンフォードの文書を電子化

 革命行動運動(Revolutionary Action Movement, RAM)は、オハイオ州のセントラル州立大学(Central State College)で1962年に設立された学生団体を起源とし、急進的な黒人学生と統合しながら規模を拡大し、1964年頃までにはフィラデルフィアを拠点とする地域組織から全国組織へと脱皮しました。RAMが実践した運動は、黒人の有権者登録、企業に黒人の雇用を要求し、拒否した企業に対して不買運動を展開した牧師たちへの支援活動、黒人の歴史に関する講義の実施、黒人に対する警察の暴力的行為を根絶する取り組みなど、広範囲に及びました。RAMは黒人の民族自決の権利を制度化することを目標に掲げ、そのためにアメリカ合衆国に社会主義を確立する必要性を説きました。RAMはみずからを民族的・国際的な革命組織と規定し、組織の目標を達成する手段として直接的行動に訴え、暴力による人種差別からの自衛手段として武装する権利を掲げました。RAMの組織は集団指導体制を取り、中央委員会が全体を統括し、Black Americaという隔月刊誌とRAM speaksという週刊ニューズレターを通して、1960年代に自然発生的に生じた都市反乱の参加者の政治意識の覚醒に努めました。

 本コレクションは、RAMの創設メンバーの一人、マックス・スタンフォードの文書を電子化したものです。両親や親戚など、周囲に全米黒人地位向上協会(NAACP)やネイション・オブ・イスラムのメンバーが多い環境で育ったことは、スタンフォードの政治意識を高めずにはいませんでした。オハイオ州のセントラル州立大学在学中に、黒人学生団体の指導者ドナルド・フリーマンの薫陶を受け、RAMの創設に参加、大学を退学し、RAMの活動に専念します。雑誌を拠点にした当初の理論活動から次第に実践に軸足を移し、活動の拠点をフィラデルフィアから全国へ広げました。また、マルコムX、クイーン・マザー・ムーア、ジェイムズ・リー・ボグス、グレース・リー・ボグス等、著名な黒人指導者の知遇を得、これらの人々と交流する中で、自らの理論と戦略を鍛え上げました。その後、ブラックパンサー党への接近、デトロイトの急進的黒人労働団体への支援等の政治活動により頭角を現し、RAMの指導的立場に立ち、FBI長官J.エドガー・フーヴァーから「米国で最も危険な男」と呼ばれたスタンフォードは、FBIの監視下に置かれ、1966年に他のRAM幹部とともに逮捕されました。すぐ釈放されたものの翌年再度逮捕されたスタンフォードは、以後、地下に潜伏します。イスラム教への信仰に基づき、アクバル・ムハンマド・アフマド(Akbar Muhammad Ahmad)と名乗るようになったのはこの頃です。