Loading...

商品詳細

Country Intelligence Reports / State Department’s Bureau of Intelligence and Research Reports: Japan, 1941-1961


米国国務省 諜報・調査資料:日本関係 1941-1961年

img

◆太平洋戦争勃発時から終戦および占領期の日本に関する米国国務省の諜報・調査活動の記録

 1941に設立された情報調整局 (COI) の後身として1942年6月発足したOffice of Strategic Services (OSS) は、 「戦略情報の収集、分析および特務活動の計画と運営」を担って世界各地で広範に活動しており、情報作業に学究的分析のテクニックを用いた先駆でもありました。戦略情報局や国務省の諜報・調査活動によって収集・分析された情報は、 最高機密として米国の政策決定の上で最重要視されてきました。戦後、 米国政府は国防・情報機構を再編し、1945年10月国家安全保障会議 (NSC) の設置とあわせて、秘密情報機関と分析部門を統合した中央情報局 (CIA) がOSSの直接後継機関として作られます。

※「米国国務省 諜報・調査資料」シリーズ共通の商品紹介文となっております。