Loading...

商品詳細

The Hindu Conspiracy Cases: Activities of the Indian Independence Movement in the U.S., 1908-1933.


ヒンドゥー陰謀事件にみる20世紀初頭の米国内インド独立運動の記録

◆米国司法省記録にみる第一次世界大戦期のインド独立運動

 第一次世界大戦期、インドの国粋主義者はヨーロッパ戦線に気をとられていた英国の隙をつき、英国によるインド支配を転覆させるため革命の扇動を画策しました。彼らの活動は政治的かつ財政的にドイツ政府による援助がありましたが、こうした中で、米国内のインド国粋主義者は資金や武器の調達、サンフランシスコにて当時発行されたインド共産主義団体Ghadar(ガダル)党の機関紙を通じてプロパガンダ活動を展開し、インド独立運動に奔走しました。

 本コレクションは、主に1917年の米国スパイ活動法を侵したとして一連の「ヒンドゥー陰謀事件」に関与したガダル党インド国粋主義者を米国政府が起訴した裁判をめぐる米国司法省並びに弁護記録を収録しています。また、米国やカナダに入国しようとするインド人を排除する動きや、米国国民として帰化した一部のインド人の国籍を取り消そうとした動きに関連した米国移民帰化局からの記録も併せて収録しています。