Loading...

商品詳細

Sunday School Movement and Its Curriculum.


教科書や教員用指導書にみる19世紀アメリカの日曜学校とカリキュラム

◆19世紀アメリカの日曜学校で使われた教科書や教員用指導書を収録

 19世紀前半のアメリカでは、様々なキリスト教宗派や特定の宗派に属さない団体による日曜学校が創立され、日曜学校における人々、特に児童への読み書き教育が行われるようになりました。世紀中葉までに、日曜学校における教育は運動として全米各地に広まり、日曜学校に通うことが児童にとって日常生活の一部になりました。労働者階級の人々はこの恩恵を受けました。日曜学校の教育の中心になったのは、言うまでもなく宗教教育です。聖書が教科書として使われ、生徒は聖書の一節を音読し、書き取ることで読み書きを習得しました。キリスト教の教理を分かりやすく解説した問答式入門書や礼拝、賛美歌もカリキュラムに含まれました。日曜学校での教育はキリスト教の道徳や美徳を児童に注ぎ込むことが大きな目的をなしていました。日曜学校を卒業した児童の中には、日曜学校の教員になるケースも少なくありませんでした。本コレクションは、日曜学校で使われた教科書や教員用指導書を収録します。収録されるのは1840年代から1920年頃までに刊行された364冊です。