Loading...

商品詳細

Ecuador: Records of the U.S. Department of State, 1960-1963.


エクアドルの国内事情 1960-1963年

◆国務省文書にみるJFK政権とエクアドル

 1960年、大統領に就任したベラスコ・イバラはペルーとエクアドルの長期にわたる領土紛争を最終的に解決することを目的とした平和・友好・境界に関する議定書である「リオデジャネイロ議定書」を無効と宣言し、ペルーのアマゾン領有を認めない姿勢をとって民族主義色を打ち出しましたが、経済衰退に対処できず翌年に失脚しました。後継の副大統領カルロス・フリオ・モンロイの時代には、キューバ革命に影響を受けたエクアドル青年革命同盟がゲリラ戦を開始したため、キューバとの断交を決意しますが、モンロイ政権はゲリラに脅威を感じた軍部のクーデタにより失脚しました。

※マイクロフィルムRecords of the Dept. of State relating to Internal Affairs of Ecuador, 1960 - 1963をデジタル化