Loading...

商品詳細

FBI Surveillance of James Forman and SNCC.


ジェイムズ・フォアマンと学生非暴力調整員会

◆SNCCの幹部で失業・貧困行動委員会の会長として活躍

 1928年、貧しい小作農民の家に生まれたジェイムズ・フォアマンは、ミシシッピ州にある祖母の農場で育てられた後、母親とともにシカゴに移住します。高校を卒業後、大学に入学するも、1学期で退学し、空軍に入隊し、4年間兵役に服します。除隊後に入学した南カリフォルニア大学在学中に、ロサンゼルス警察による不当逮捕と身体的・心理的虐待を受けたことが原因で精神障害に陥り、カリフォルニア州立精神病院に入院します。この経験が転機となり、フォアマンの政治思想は急進化します。その後、シカゴに戻り、ローズヴェルト大学に入学、1957年1月に卒業しました。

 1961年に勧誘を受け、学生非暴力調整委員会(Student Nonviolent Coordinating Committee, SNCC)に加入し、SNCC本部の置かれたジョージア州アトランタを拠点に活動します。SNCCは当時、南部を拠点に黒人のための有権者登録運動を精力的に展開していました。フォアマンは1966年までSNCCの事務局長として、有志の活動家のための交通、食糧、住居の手配や資金調達に尽力します。1967年から1969年までは、SNCCの国際部の部長を務め、ストークリー・カーマイケル議長の下で急進化するSNCCとブラックパワー運動との連携に精力を注ぎ込みました。

 1969年にSNCCを離れると、非営利団体の失業・貧困行動委員会(Unemployment and Poverty Action Committee, UPAC)の立ち上げに関わり、1974年から2003年まで会長を務めました。その間、大学での研究に励み、コーネル大学からアフリカ・アフリカ系アメリカ人研究で修士号を、実験大学連合(Union of Experimental Colleges and Universities)から博士号を取得しました。

 大学を離れると、ワシントンD.C.で『ザ・ワシントン・タイムズ(The Washington Times)』や黒人アメリカニュースサービス(Black American News Service)を創設し、ニュース報道の仕事に従事したほか、著作の執筆や教育やドキュメンタリー制作など、多方面で精力的に活動します。2005年に大腸がんにより、76年の生涯を閉じました。

 本コレクションは、ニューヨーク市立大学クィーンズ校のベンジャミン・S・ローゼンサール図書館が所蔵するジェイムズ・R・フォアマン文庫の収録文書を電子化したものです。これらの文書は、フォアマンが連邦捜査局(FBI)、中央情報局(CIA)、空軍に対して度々行なった情報自由法に基づく文書開示請求の結果、入手したものです。