| 会社案内 | ご利用案内 | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表記 | Q&A | カタログから注文 | カード決済窓口 | お問い合わせ | HOME | English |
 詳細検索
商品数0点 合計\0
  
   井上琢智教授編集・序文『明治期の西欧経済学(I)』全8巻 
Economics in Meiji Japan: Collected Works of Western Origin, I. 8 volumes.
著者・編者: Inoue, Takutoshi (ed. & intro.),
出版社: (Pickering & Chatto, UK)
出版年: 2009年
ページ数: -
ISBN:  978-1-84893-013-1
装丁・価格:
在庫 hard set  \269,500.- (税込) * [在庫]
お問い合わせはこちら
 詳細 (545KB)
1. [Whately, Richard, 1787-1863], Easy Lessons on Money Matters; for the Use of Young People. London, John W. Parker, 1849. ix, 110p.
渡部一郎(温) 『経済説略』(英文:The Compendium of Political Economy) (明治2年)の真の出典 (松川七郎「アダム・スミスのわが国への導入の一齣:渡部温編『経済説略』(明治二年)のこと」、岩波書店『図書』、1971年11月号所蔵を参照)
[合冊]
ロジャーズ 『経済学便覧』 第2版 1869年 オクスフォード刊
Rogers, James E. Thorold, 1823-90, A Manual of Political Economy for Schools and Colleges. Second edition. Oxford, Clarendon Press, 1869. With General Introduction by Takutoshi Inoue. 111-480p.
ゼームス・イー・ソロルド・ロージャース 高橋達郎譯述 『泰西經濟新論』 (明治7年)の原本
ウォーカー 『富の科学』 第5版 1872年 フィラデルフィア刊
2. Walker, Amasa, 1799-1875, The Science of Wealth: a Manual of Political Economy. Philadelphia, Lippincott, 1872. 457p. Student (5th) edition.
米国ヲォーケル氏著 日本永峰秀樹訳 『富国論』 (明治7年)の原本
ペリ 『経済学要論』 第2版 1867年 ニューヨーク刊
3. Perry, Arthur Latham, 1830-1906, Elements of Political Economy. 2nd ed. New York, Scribner, 1867. 505p.
彼理氏著 緒方正部分訳 『官版経済原論』 (明治2年)の原本

ジュフロア 『経済学問答』 初版 1844年 ライプチヒ・パリ刊
4. Jouffroy, Henri, 1786-1859, Cat?chisme d'?conomie politique. Leipsic et Paris, Brockhaus et Avenarius, 1844. First edition. 310p.
ジョフラ氏 古沢滋等訳 大隈重信序 『経済要説』 (明治10〜11年)の原本
バスティア 『保護主義の詭弁』 英語訳 1877年 ニューヨーク刊
5. Bastiat, Frederic, 1801-50, Sophisms of Protection. Translated from the Paris edition of 1863, with preface by Horace White. New York, Putnam, 1877. 419p.
巴士智亞原著 林正明譯述 『經濟辯妄』 (明治11年)の原本
[バイルズ] 『自由貿易の詭弁』 初版 1849年 ロンドン刊
6. [Byles, John Barnard, 1801-84], Sophisms of Free-trade and Popular Political Economy Examined. By a Barrister. London, Seeleys, 1849. First edition. 237p.
巴伊児著 若山儀一訳 『自由交易穴探』 (明治10年)の原本
M. G. フォーセット 『初学者のための経済学』 第4版 1876年 ロンドン刊
7. Fawcett, Millicent Garrett, 1847-1929, Political Economy for Beginners. Fourth edition. Revised and enlarged. London, Macmillan, 1876. 4th ed. 280p.
宝節徳夫人著 永田健助訳述 『宝氏経済学』 (明治10年)の原本
H. フォーセット 『経済学便覧』 初版 1863年 ロンドン刊
8. Fawcett, Henry, 1833-84, Manual of Political Economy. London and Cambridge, Macmillan and Co., 1863. First edition. 642p.
法思徳著 汪鳳藻漢訳 岸田吟香点 『富國策』(漢文) (明治14年)の原本

十年前に編集した輸入経済学の叢書『西欧経済学の近代日本への導入』は、輸入の時期が維新(1868)以前で、原典も1850年前後が主であった。福沢が上野の山の砲声を聞きながら講義をしたというような、転換期のエピソードに事欠かない輸入品である。
『明治期の西欧経済学(I)』はそのすぐ後を受けて、明治二年から自由民権時代にかけての輸入経済学の原典コレクションである。輸入経済学でも自由主義か保護主義かが争われているのは、新政権の発足によって、経済が国民経済の問題として現実味を帯びて来たことを意味するだろうし、フィッセリングにかわってバスティアとジュフロワが選ばれたことは、産業革命を終えつつあったヨーロッパの経済と経済学に、明治日本の視野を広げることになっただろう。もう一つ、見逃せない特徴はフォーセット夫妻の著書が含まれていることである。ヘンリ・フォーセットは全盲でありながらケンブリジの経済学の教授として、マーシャルの前任者であった。かれの『経済学便覧』は十九世紀後半の経済学教科書として独占的地位をたもったといわれるから、輸入されて当然なのだが、輸入され方が変わっていて、日本語訳ではなく漢文なのである。ぼくはその漢文を見ていないが、日本の経済学者でそれが読めるのは、杉山忠平も杉原四郎もいなくなった現在、僕ぐらいが最後だろう。したがってそのリプリントは、はじめてそれを輸入するということになる。妻のミリセント・ガレットの入門書は、イギリスでは女性が経済学の教科書を書いているという衝撃を与えたが、彼女が女性参政権運動の一方の旗頭であったことは、どう受けとられただろうか。夫フォーセットの著書が漢訳で紹介されたのが明治十四年、自由民権運動崩壊の年である。しかし翌年から石川瑛作の生命をかけた翻訳『富国論』の分冊刊行がはじまる。このコレクションの(II)がたのしみである。
日本学士院会員 名古屋大学名誉教授 水田 洋




Copyright© 2003-2020 Kyokuto Shoten Ltd. All Right reserved.
極東書店ロゴ
東京都公安委員会 古物商許可番号301026800391