Loading...

商品詳細

img

東郷和彦、D.V.ストレルツォフ編 日露関係ハンドブック
Handbook of Japan-Russia Relations.

・ISBN 978-4-909286-34-5 hard

[在庫] ¥28,875.- (税込) *

著者・編者 Togo, Kazuhiko / Streltsov, Dmitri V. (eds.),
シリーズ (Japan Documents Handbooks Series)
出版社 (Japan Documents, JA)
出版年 2023
ページ数 400 pp.
ニュース番号 <100-6351>

The history of official relations between Russia and Japan encompasses a period of a little more than one hundred and fifty years, but stretch back unofficially for at least double that amount of time. But for both Russia and Japan, these relations have never been a key element of foreign policy, indispensable or intrinsically important for their diplomatic strategy. It is also noteworthy that for most of this time Russia and Japan were enemies, rivals, competitors. For both parties the significance of bilateral relations to a large extent was determined by their geographical proximity. This geographically predestined relationship can be characterized as “distant neighbors.” At the same time, at certain historical stages, this neighborhood was not so "distant." The countries managed to establish relations in the economic sphere, while tourism, cultural, scientific and educational ties were actively developing. The complexity of the relations which developed for just over three centuries is worthy of study. This book analyzes these three centuries of Japan-Russia relations so as not to miss out any essential factors of the relationship.

Contributors: Aleksandr N. Panov, Kazuhiko Togo, Anna Kireeva, Yu Koizumi, Dmitri V. Streltsov, Nobuo Shimotomai, Pavel A. Minakir, Marina G. Mazitova, Shinichiro Tabata, Elena Shadrina, Kenji Horiuchi, Vladimir Nelidov, Ryo Omatsu, Vasily E. Molodiakov, Takayuki Yokota- Murakami, Leonid V. Smorgunov, Olga Ignatjeva, Alexander Bukh, James D. J. Brown, Natasha Kuhrt, Hiroshi Yamazoe


日本とロシアの間の公式な関係の歴史は150 年ほどにすぎませんが、非公式なものも含めればその二倍もの長さをさかのぼることができます。しかし日本とロシア両国にとって、二つの国の関係は外交政策の重要な要素となるものではなく、両国の外交戦略にとって必須、あるいは本質的に重要なものではありませんでした。また、日本とロシアは敵であり、ライバルであり、競争相手であったことがほとんどだったことも注目すべき点です。両者にとって、二国間の関係の重要性は多くの場合においてそれらの地理的近接性によって決められていました。この地理的に運命づけられた関係性は「遠い隣人」として特徴づけられます。同時に、特定の歴史的局面では、この近隣性がそんなに「離れていなかった」のです。両国が経済的領域において関係をなんとか確立しようとする一方で、ツーリズムや文化的・科学的・教育的なつながりは盛んに発展していました。こうした300 年間の日本とロシアの関係の複雑性は考察に値します。
本書はこの関係性の本質的な要素を見落とさないように、この3世紀にわたる日本とロシアの関係を分析したハンドブックです。第1部「戦争と平和-外交関係と安全保障」、第2部「領土」、第3部「経済とエネルギー」、第4部「災害に関する協力」、第5部「文化」、第6部「他者の知覚」、第7部「国際関係と外交-米国と中国の役割」の全7部・20 の論考より構成されています。本書を日本研究、国際関係、日露関係、日露関係史に関心を持つ方にお勧めいたします。